技術力と経験を併せ持つ医師|美容整形外科で思い通りの自分へ

気軽に行える整形

医者

埋没法は非常に人気

日本で最も相談者数が多い美容整形というと、目の二重まぶたが挙げられます。二重になれば、目が大きくて可愛らしくなれるからです。二重まぶたにできる美容整形には、まぶたの皮膚の状態、費用などに応じて色々とあります。その中でも一番手軽に出来るのが、埋没法です。埋没法は、医療用の糸で上まぶたを数箇所、留めることで二重にする美容整形です。埋没法は、細かく言うとまぶたの状態によって2種類に分かれます。まず1つは、まぶたの皮膚と裏側の瞼板を糸で止めて二重にする瞼板法です。これは、皮膚のたるみが少ない人に向いているとされます。さらに、たるみが気になる人に向いているのが、挙筋法です。これは、まぶたの皮膚と裏側にある挙筋を糸で止める方法です。どちらの施術方法にするかは、医師と相談して決めることになります。

いくつか有るメリット

埋没法は、糸でまぶたを留めていくだけなので、とても簡単に行える美容整形です。この埋没法が人気なのは、施術を希望する人にとって嬉しいメリットがあるからです。たとえば、施術の際に全く恐怖や痛みがないことです。糸でまぶたを留める際は、皮膚への負担のない極細の針を使用しています。さらに、術前には目への点眼麻酔、それに皮膚への局所麻酔を行います。そのため、全く痛みを感じることもなく気軽に二重にできるというわけです。その他のメリットは、糸を取り除けば簡単に元の状態に戻すことが可能なことです。他の二重施術の切開法などは、皮膚にメスを入れます。なので、気軽に元に戻すことはできなくなります。一方の埋没法は、糸で留めるだけなので、術後の顔が気に入らなければ容易に戻せます。

Copyright © 2016 技術力と経験を併せ持つ医師|美容整形外科で思い通りの自分へ All Rights Reserved.